スキンケア用品
  1. ホーム
  2. 紫外線は老化を招く

紫外線は老化を招く

レディ

しみやしわを作る紫外線

紫外線はしわ、しみ、たるみ、ほうれい線の原因になる恐ろしいものです。紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいます。曇りの日や雨の日はもちろん、屋内にいてもガラス窓から浸透して降り注いでいるのです。美白を考えるなら、一年中紫外線対策をすることがとても重要です。紫外線には、「肌を赤く(黒く)する紫外線」と「肌を老化させる紫外線」の二つがあります。日焼け止めを塗らないで海水浴をすると肌がこんがりと焼けます。これは、肌を黒くする紫外線B波の影響です。紫外線B波は肌に急速に浸透し、細胞を傷つけます。肌にしみやしわやたるみを作るのが、紫外線A波です。紫外線A波はB波よりも波長が長く、じっくりと肌の深層部に浸透します。紫外線を浴びた時点ではまったく変化はありませんが、数年かけてコラーゲンを破壊し、しわやたるみを作る恐ろしい紫外線が紫外線A波なのです。紫外線B波の場合、地上に到達するのはわずかです。しかし、紫外線A波の場合はB波の20倍以上地上に降り注いています。美白を維持するには、早いうちから紫外線A波を防ぐことがとても重要です。紫外線A波の浸透をブロックするには「PA+++」など、PAが強力な日焼け止めを塗ることが大切です。屋外だけではなく、屋内にいるときも日焼け止めは必須です。また、一日の終わりは美白効果がある美白美容液やエッセンスでメラニン予備軍を小さいうちにやっつけておくことも大切です。